0512345678910111213141516171819202122232425262728293007
TOP > 2010年06月

スポンサーサイト

[--/--/--/--:--]|スポンサー広告 |コメント[-]|トラックバック[-]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月27日 (収支 -14,500円)

[2010/06/27/23:00]|2010 馬券成績コメント[0]TB [0]
スポンサーサイト

宝塚記念見解 -前残り注意-

[2010/06/27/04:00]|2010 レース予想コメント[0]TB [0]
良馬場ならブエナ、ジャガメ、アーネストリーの三つ巴、
押さえでドリジャ・・・ってなとこで、まずは平穏決着。
と考えていだだけに、食指が動かされないレースだったが
雨模様で、俄然、予想が面白くなってきたように思う。

今年に入って、ジャガメ、ドリジャを一蹴しているところから見ても
ブエナは実力的に最上位と判断するのが妥当。
けれど今回、道悪、初の56キロ、阪神内回り、と消しの要素は揃っている。
実際、牝馬限定のレースにおいても2着、3着があった馬で
人気ほど頭では信頼できない上に、馬券妙味が薄いとくれば
この馬中心に予想を組み立てるのは得策でないと私は思う。

となれば、勝つのはジャガメかアーネストリー。
と考えるのが自然な結論。
ジャガメに関しては、
調教絶好、好枠、先行して切れる末脚、道悪巧者・・・
と、好走を約束する要素がぎっしり。
唯一の不安は、阪神コースが初で、洋芝適正が?な点。
(血統を考えれば、ベストは軽い芝で左回りならなお良し)

一方のアーネストリーは、素質込みの評価で
いくらか人気になりすぎている感はある。
だが、確たる逃げ馬不在の今回、
先行脚質で内枠のアドバンテージは大きい。
問題は道悪がどうかだが、苦にする馬が増えることを思えば、
逆に追い風になる可能性もある。

「勝つのがどちらかで、2着、3着は何でもアリw」
というのが、私の馬券作戦になるわけだが、
できるだけ内側、前付けできる馬から順に買いたいところ。


◎ ジャガーメイル
○ アーネストリー
△ ネヴァブション
△ ナムラクレセント
△ ロジユニヴァース
△ ナカヤマフェスタ
× アクシオン
× セイウンワンダー
× トップカミング
注 ブエナビスタ


 【買い目】

3連単
10、2 → 2、3、5、6、(8)、9、10、11、16、17 → 2、3、5、6、(8)、9、10、11、16、17

(ブエナ絡みの馬券は高配当のみ購入)

 ※ 馬場の回復状況、パドックの気配次第で予想は変わることがあります。

6月26日 (収支 -6,000円)

[2010/06/26/22:58]|2010 馬券成績コメント[0]TB [0]

6月20日 (収支 +21,600円)

[2010/06/20/22:57]|2010 馬券成績コメント[0]TB [0]
・阪神10R マーメイドS (的中)
 1.ブライティアパルス ◎ (3人気)
 2.セラフィックロンプ
 3.テイエムオーロラ

 単勝 640円 (4,000円)
 購入金額 4,000円 払戻金額 25,600円


---------------------------------------------------------------------
購入レース数合計 1
的中レース数合計 1
購入金額合計 4,000円
払戻金額合計 25,600円
---------------------------------------------------------------------
購入レース数累計 90
的中レース数累計 16
購入金額累計 685,600円
払戻金額累計 828,540円
---------------------------------------------------------------------
収支 +142,940円

2010マーメイドS




6月19日 (収支 -5,900円)

[2010/06/19/22:55]|2010 馬券成績コメント[0]TB [0]
・函館2R 3歳未勝利 (ハズレ)
 1.ヒシビビッド ○
 2.スズカハイライト △
 3.サニーエリザベス △
 ◎リリーレインジャー 4着 (2人気)

 購入金額 3,000円


・函館8R 八甲田山特別 (ハズレ)
 1.トパンガ ▲
 2.クレバーロッシー ○
 3.ニシノプライスレス △
 ◎メルシーゴールド 12着 (11人気)

 購入金額 2,900円


---------------------------------------------------------------------
購入レース数合計 2
的中レース数合計 0
購入金額合計 5,900円
払戻金額合計 0円
---------------------------------------------------------------------
購入レース数累計 89
的中レース数累計 15
購入金額累計 681,600円
払戻金額累計 802,940円
---------------------------------------------------------------------
収支 +121,340円

6月13日 (収支 -9,000円)

[2010/06/13/22:53]|2010 馬券成績コメント[0]TB [0]
・東京3R 未勝利 (ハズレ)
 1.ウィルパワー △
 2.ショウナンスマイル ○
 3.アラマサマンボウ ◎ (7人気)

 購入金額 3,000円


・東京5R 3歳500万下 (ハズレ)
 1.スティールパス ▲
 2.クナンガン △
 3.パールオープン △
 ◎サダムトウコン 11着 (13人気)

 購入金額 5,500円


・東京7R 4歳上500万下 (ハズレ)
 1.メジロマリアン
 2.ギンザクイーンビー ○
 3.マスターギラティナ ◎ (7人気)

 購入金額 500円


---------------------------------------------------------------------
購入レース数合計 3
的中レース数合計 0
購入金額合計 9,000円
払戻金額合計 0円
---------------------------------------------------------------------
購入レース数累計 87
的中レース数累計 15
購入金額累計 675,700円
払戻金額累計 802,940円
---------------------------------------------------------------------
収支 +127,240円

6月6日 (収支 -10,000円)

[2010/06/06/22:51]|2010 馬券成績コメント[0]TB [0]
・安田記念 (ハズレ)
 1.ショウワモダン
 2.スーパーホーネット
 3.スマイルジャック
 ◎マイネルファルケ 18着 (12人気)

 購入金額 10,000円

◎ マイネルファルケ
○ フェローシップ
▲ サンカルロ
△ アブソリュート
△ トライアンフマーチ
△ ファリダット
△ ビューティーフラッシュ

---------------------------------------------------------------------
購入レース数合計 1
的中レース数合計 0
購入金額合計 10,000円
払戻金額合計 0円
---------------------------------------------------------------------
購入レース数累計 84
的中レース数累計 15
購入金額累計 666,700円
払戻金額累計 802,940円
---------------------------------------------------------------------
収支 +136,240円

安田記念見解 -本命不在-

[2010/06/06/04:23]|2010 レース予想コメント[0]TB [0]
地盤沈下が顕著なマイル戦線。
本命不在の大混戦で、穴党が喜んでいるかと言えば、さにあらず。
いくら穴党といえど、馬券検討には何らかの「取っ掛かり」が必要。
少なくとも、上位人気馬の力関係が把握できていなければ
穴馬を見つけたとしても、馬券の買い方が難しい。


 【リーチザクラウン】
前哨戦のマイラーズCを勝ったことが評価されての人気だろうが
他に勝ちそうな馬がいないので、とりあえず人気に押し上げられた格好。
G1勝ちのない1番人気というだけで危険なのに、
この馬の気性難は誰もが知るところ。
しかも最内枠とくれば、馬ゴミでカッカと燃えて万事休す・・・
なんてことも想定しておかねばなるまい。

とはいえ、他に大物感のある馬がいないだけに、買うなら頭付けしかないかも。
前走からマイル路線に転身し、この先、安定勢力にならないとも言い切れない。
また、外枠だった前走で、引っかかったことを思えば、
内枠で他馬を前に置いて、案外折り合ってしまうかもしれないし。
走ってみるまで分からない要素が多いという点では、危険な人気馬には違いない。


 【キャプテントゥーレ】
唯一のG1馬で、今回はノリに乗り替わりで、人気になるのは当然か。
この馬、皐月賞を勝っているけれど、実際には明らかなマイラーで
良績は1800以下に集中している。
1800以下なら2勝、3着3回、4着3回。デビュー戦のみ8着。
古馬との対戦では勝ち星がないので、今回も3着か4着?(笑)

つまりは、先行して粘るが、ゴール前で何頭かに差される可能性が高く、
運が良ければ3着、悪ければ4着。
頭では買いづらいが、3連系の馬券からは外しづらく、
さりとて、人気があるので、ウマミの乏しい馬ということになる。
唯一のG1馬なので「格だけで勝っちゃう」可能性も否定はできず、
取捨に迷う一頭。


 【トライアンフマーチ】
出遅れたダービー卿CTを除いて、マイル路線に変更してからは
実に安定した成績の本馬。
マイルで1分32秒台のレースを3度も経験してタイムの裏づけがあり、
しかも、コンスタントに33秒台の末脚が使えるという強み。
上位人気馬の中では比較的、信用できる馬だといえるだろう。

なのに、小物感が漂っていると感じるのは私だけ?(笑)
母がキョウエイマーチという良血で、ボン的なひ弱さのせいなのか、
皐月賞で穴を開け、ダービーでトンころ食らったイメージが悪いのか
内をすくうレースぶりが地味なせいなのか?
ま、ダービージョッキーへの乗り替わりはプラスだと考え、
買い目には残したい気もする。


 【スマイルジャック】
ダービー2着で穴を開け、私は非常にお世話になっているだけに
応援したい気持ちはあるのだけれど・・・
どうにも、この馬には不運が付きまとう^^;
何度、不利を受けているシーンを見かけたことか。
昨年の安田記念も直線で大不利を受けての9着だった。

今年くらいのメンバーなら勝ち切る力はあると思う。
けれど、何しろ後ろからレースして、確実に33秒台の脚を使うが
前にも速い脚を使われてしまい、一線級が相手では届かない印象。
三浦騎手に替わってからは (2005)、2勝はG3とOP特別。
人気が割れている分、この馬の一発を狙う手はありそうだが。


 【スーパーホーネット】
マイルG1で2着2回、カンパニーやウォッカを撃破した経験もあり、
実績、実力ともに一枚抜けているはずの本馬。
ところが、なぜだか安田記念になると、2年続けて人気を裏切る結果。
さらには、休み明けのここ2戦が惨敗。
ダートは調教代わりの参戦にしても、前走は衰えを疑ってしまう内容だった。

とはいえ、叩き3戦目の実力馬が、単勝で10倍以上付くのだから
オイシイと思う人がいて当然。
また、これまで鞍上が本番でのプレッシャーに負けていた印象もあり、
人気落ちの今回は気楽に乗れる分、本領発揮のシーンがあって驚けない。
得意のスロー決め手勝負で、他馬を直線で置き去りにし楽勝されたら、
それはそれで諦めるしかないか?


 【ショウワモダン】
ダービー卿CTで穴を開け、お世話になったばかりなので
応援したい馬の一頭なのだが・・・
いくらなんでも、人気しすぎでしょうに(笑)

G1実績なし、時計の裏づけなし、切れる脚なし。
展開に恵まれた勝ちと、相手に恵まれた勝ちの2連勝で
「すわ! 本格化か!?」と飛びついてしまうのは、どうなんだろ^^;
中一週のローテで、檄走を期待するのは酷ってものですぜ。


 【香港馬】
一週前までは、香港馬に◎を打つ気満々だったが
3頭の中で一番の格上、フェローシップの大幅馬体減が報道され、
昨年6着に健闘したサイトウィナーがザ石で一頓挫。
ここにきて、ビューティーフラッシュが浮上してきているが、
例年、馬券圏内に来る香港馬に比べると、いくらか実績が物足りない感あり。

ただし、もっと人気すると思っていただけに、上位人気が日本馬独占なら
俄然、香港馬は買い! でしょう。
頭に来るなら、順調さを欠いていようとフェローシップ。
前走で差す競馬をしたビューティーフラッシュも、
今回は先行策を匂わせているだけに、当然、オサエたいところ。


 【その他の馬たち(笑)】
基本、東京のマイル戦はスプリンターより、中距離適正のある馬が上位と
考えられているだけに・・・
スプリンター寄りの
ファリダット、エーシンフォワード、マルカフェニックス、サンカルロ、
らは買いづらいか?

マイル戦では常にしぶとい逃げを見せるマイネルファルケだが
富士S9着、東京新聞杯4着と、府中の直線は長すぎ?

唯一、休み明けのアブソリュートは割引き?

昨年、安田記念5着だが、気ムラで凡走続きのライブコンサートは要らない?


その答えは、NO、NO、NO、NO・・・(笑)


 【アブソリュート】
府中得意で条件ベスト。むしろ休み明けで立ち直っていたら一発も。

 【サンカルロ】
前走は中間フレグモーネ、順調さ欠いて33.1の末脚。前崩れなら。

 【マイネルファルケ】
鞍上、松岡。速いペースで逃げて、後続に脚を使わせる展開になれば。

 【ファリダット】
昨年の3着馬。追い込み一手なだけに、人気薄の時は買い。

 【エーシンフォワード】
大外枠で嫌われそうだが、一応は堅実な馬なので3連馬券ならば。

 【マルカフェニックス】
速い上がり決着は今の東京コースで必然。マイルでも切れる脚が使えたら。

 【ライブコンサート】
馬が走る気になれば(笑)


◎ フェローシップ
○ サンカルロ
▲ アブソリュート
△ トライアンフマーチ
△ ファリダット
× ビューティーフラッシュ
× マイネルファルケ




 【結論】

馬券は見送りが妥当(笑)


 【買い目】

馬連(17点)
フェローシップ → 総流し


3連単(99点)
4 → 2、3、6、9、10、13、15、16、18 → 2、3、5、6、8、9、10、12、13、15、16、18

フェローシップ →

スマイルジャック
アブソリュート
ファリダット
スーパーホーネット
ビューティーフラッシュ
マイネルファルケ
トライアンフマーチ
サンカルロ
エーシンフラッシュ →

(2着付けにプラス)
サイトウイナー
キャプテントゥーレ
ライブコンサート

(フェローシップはパドックの気配次第で◎降格の可能性あり)

ダービーは史上空前の凡戦か?

[2010/06/03/05:51]|2010 レース予想コメント[0]TB [0]
ま、なんですな~
「史上空前のダービー凡戦に終わる!」
みたいな見出し、どっかの新聞が書いたんでしょうかね?^^;

いや、ダービー馬を貶めるつもりは毛頭ないんですよ。
ただね、底力が試されるギリギリの戦いで世代最強馬を決めて欲しかったなぁ~
ってのが、競馬ファンの偽らざる思いじゃないんでしょうかね?
昨年のダービーが大不良馬場で行われただけに、
また史上空前のメンバーと戦前から盛り上がっていただけに、ちと残念^^;

極限の末脚勝負の勝者がエイシンフラッシュ号だった・・・
という意味では、世代最強にふさわしいと私は思ってますし、
それにね、前日の金鯱賞でタスカータソルテがあんなことになっちゃって
同じ藤原英厩舎の馬が勝って良かったね~的なムードやら
「ウチパクおめでと~」みたいな気分もあって、
私は素早く気持ちを切り替えて、勝利ジョッキーインタビューを聞いてました。

それにしても・・・
1、2着馬の上がりが32秒台って
「新潟記念かよ!」って突っ込み入れたくらいで、
ま、それだけでも、この世代のレベルの高さの証明にならないこともないか。
府中の2400で上がり32秒って見たことないもんね^^;
もちろん、高速馬場が馬の負担になるという問題点も指摘しておかないとだけど。

各馬の勝因、敗因は私はやんない(笑)
一頭一頭、細かに書こうかと思ったけど、きっと似たようなこと
あちこちに書かれているだろうし。

ジョッキーについて一言触れておきたいのはノリでも岩田でもなく・・・(笑)
ロズキンの後藤君。
代打騎乗でありながら、あの落ち着いた完璧なレースぶり。
昨年までのスランプが嘘のように、再婚後は乗れてますな(笑)

追い出しが一呼吸早いなんてイチャモン付けるのはどうかと思うよ^^;
外のペルーサの手応えを何度も確認し、内のヴィクトワールピサの位置を確かめ
それから最高のタイミングで追い出して、32秒台の末脚を炸裂させてるんだもん。
あんな芸当、並の心臓のジョッキーにはできないでしょ。

馬で褒めたいのは、なんといってもゲシュタルト(笑)
一瞬、池添君も夢見たろうね。直線先頭に立って粘る粘る。
あいつは本当にがんばるね! 感動した!!!
それにしても、12番人気ってヒドイよね(笑)

もしも4コーナー手前からまくって、直線で集団を引き離していたら・・・
みたいに思う人もいるかもしれないけど、
それやったら勝てたかもしれない馬は他にもいるわけで、言わぬが花でしょ。
なにしろ、あのスローだから^^;

また、まだキャリア5戦のペルーサも秋には巻き返してくるだろうし
今後、楽しみな馬が多いなぁ~という印象はレース後も変わらず。
あとはルーラーシップ!
直線、一旦は馬ゴミで置いていかれるんだけど、隊列がバラけた瞬間に
突然、弾けて飛んでたから・・・
府中の2400らしいレースになったら、もしかして・・・と思ったな。

ヴィクトワールピサは今年の有馬あたり勝つんじゃない?
今、そう思っていても、有馬のころになるとすっかり忘れていて
シャドーゲートとか本命にしちゃってるんだろうな、私(笑)

検索フォーム

プロフィール

有馬 優一郎

Author:有馬 優一郎
(2008年ダービーで3連単を的中し帯封をゲットしたときの写真)
競馬歴20云年。
2010年から全馬券成績を公開も、
2013年より「予想のみ」に変更。
下級条件のダート戦、ハンデ戦、
牝馬限定戦が得意かも。
逃げ馬、人気薄の内枠先行馬が好き。
穴党から「自在型」へ脚質転換中。

ブログランキングに参加しています。
お気に召したら、クリックお願いします!

 人気ブログランキングへ

「利腕」とは?

元英国人騎手、ディック・フランシスが著した競馬小説のタイトル。
原題は「Whip Hand」(鞭を持つ手)。

舞台は英国競馬界。落馬事故で片腕を失った元ジョッキー、シッド・ハレーは、大本命馬が次々と惨敗している厩舎から依頼を受けて、その謎を調査しはじめるのだが・・・
栄光と挫折、どん底から這い上がり、誇りを取り戻そうとする男の闘いが胸を熱くするハード・ボイルドの名作。
「自分が永遠に耐えられないこと・・・それは自己蔑視である」の一文は、ファンの間ではあまりに有名。

馬券自慢

・金蹄S 54万馬券
 ◎ハギノリベラ (12番人気)
 ★ストロングバサラ (1番人気)
 ○ゴールデンプライズ (11番人気)
 購入金額 4,600円
 3連単  546,620円
54万馬券

・2歳未勝利 17万馬券
 ◎トキノエクセレント (2番人気)
 ○ビッグギャンブラー (11番人気)
 △チェルビアット (5番人気)
 購入金額 3,000円
 3連単 172,220円
17万馬券

・富士S 170万馬券
 ▲ダノンヨーヨー (2番人気)
 ◎ライブコンサート (14番人気)
  ガルボ (13番人気)
 購入金額 10,300円
 3連単  1,718,840円
170万馬券

・京都金杯 19万馬券
 ◎ライブコンサート (5番人気)
 ▲スマートギア (1番人気)
 ×レインダンス (13番人気)
 購入金額 6,500円
 3連単  193,260円
19万馬券
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。