1012345678910111213141516171819202122232425262728293012
TOP > スポンサー広告 > 安田記念展望TOP > 2013 レース予想 > 安田記念展望

スポンサーサイト

[--/--/--/--:--]|スポンサー広告 |コメント[-]|トラックバック[-]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安田記念展望

[2013/05/30/01:29]|2013 レース予想コメント[2]TB [0]
ここ何年も、マイル重賞は低調だったが
いよいよ新時代を予感させる好メンバーが揃った。
ただし、様々な路線から集結しているだけに
予想となるとかなり難解。
その分、馬券的にも面白くなりそうである。

軸候補は、普通に考えればグランプリボスとカレンブラックヒルだろう。

グランプリボスは成績にムラがあり、信頼度としては一息に感じられるが
実際のところ、戦績を辿っていくと敗戦にはそれぞれに理由がある。
今回は、使い出しの前走で強力メンバー相手に勝利して、
これまでになく順調なローテとなった。
また、狙い定めての国内マイルGⅠ(芝)では(2-1-0-1)。
昨年の安田記念が1.31.3という好時計でのクビ差2着から判断するに
実力、能力的には優勝候補の最右翼とみなしていいだろう。

カレンブラックヒルはデビュー以来、破竹の5連勝でNHKマイルCを制覇。
天皇賞(秋)では古馬一線級を相手に4着と好走し、改めて底力を実証。
気まぐれなダート挑戦で大敗し、その影響が心配されたものの
前走は、休み明けで58キロを背負ってグランプリボスから0.1差の4着。
直線、早め抜け出しという横綱相撲での敗戦でもあり、
本番での逆転が容易に想像できる駆けっぷりだった。
古馬一線級とのマイル戦は前走が初だったため、持ち時計では見劣るが
メンバーレベル次第でいくらでもタイムは詰められると判断すべきだろう。

この強力な2騎に割って入るなら、中距離路線から参戦してきた
ダークシャドウとショウナンマイティではないだろうか。

ダークシャドウは国内で掲示板を外したのは有馬記念の6着だけ。
そうした安定した成績もさることながら、東京コースの実績が抜群で、
(5-Ⅰ-0-2)と、5勝のすべてを府中であげている。
着外の2回はどちらもGⅠでの4着で、先着された相手は
ジェンティルドンナ、オルフェーブル、エイシンフラッシュ、
フェノーメノ、ルーラーシップ、トーセンジョーダンとすべてGⅠ馬のみ。
中、長距離路線では強力メンバー相手に切れ負けする印象があったが、
府中1800で重賞を2勝しているように、むしろスピード勝負寄りな馬。
マイルは初でも、十分にこなす素地はあるとみなすべきだろう。

ショウナンマイティは能力だけならGⅠ級で、その末脚は驚異だが
これまでは折り合いに難があり、後方待機策から上がり勝負に徹して
届かずの競馬を繰り返してきた。
戦績を振り返れば、掲示板を外したのは初の重賞挑戦と菊花賞のみ。
16戦して10戦が上がり最速で、特に近走は折り合いを欠いた京都記念を除けば
オルフェーヴルにしか切れ負けしていない。
今回、ついにマイル参戦で、折り合いが付けやすくなるだけでなく
直線の長い東京コースはプラスに働く可能性が大。
マイルや府中実績がないことで、人気を落とすなら頭での妙味が増す。

現時点では、上記4強の1、2着争いという見立て。

ロードカナロアについては、マイルCSに出走ならまだしも
安田記念では3着候補の1頭としておきたい。
あのサクラバクシンオーも、安田記念は4着だった。
サダムパテック、ヴィルシーナはオッズ次第で押さえに回してもいいが、
今回の好メンバーの中に入ると、あまり妙味が感じられないところ。
それなら、実績があっても人気になりづらい香港勢がお買い得だろう。

穴はデビュー以来、大崩れがないダノンシャークが真っ先に思い浮かぶが、
C.デムーロ騎乗でディープ産駒、前走の健闘で穴人気は必至かも。
ならば54キロで挑戦できるエーシントップではどうか。
リアルインパクトで学習した通り、この時期でも3歳トップクラスは通用する。
他ではマイネイサベル。こちらも実は大崩れしたことがない隠れた堅実派。
府中のマイルはベストの舞台で、3着なら可能性がありそうな大穴。

なお、毎回のごとく◎を打つガルボは、良績が2月~11月に偏っている冬馬で、
府中のマイルGⅠともなると、さすがに底力で見劣りは否めない。


[結論]
 ダークシャドウ
 グランプリボス
 カレンブラックヒル (重◎)
 ショウナンマイティ
 グロリアスデイズ
 ヘレンスピリット
 ダノンシャーク
 エーシントップ
 マイネイサベル (重・消し)



関連記事

コメント一覧

こんにちは。明日の天気は持つかな?
グランプリボスの評価については、ほぼ同意見です。
後に続く馬では、ショウナンマイティは、距離より左回りに疑問を持ってます。なのでナカヤマナイトの方が面白いと考えてます。
◎グランプリボス
○ダークシャドウ
▲ナカヤマナイト
△カレンブラックヒル、ショウナンマイティ、サダムパテック
今回は、牝馬と外国馬は無印が妥当かなぁ
[2013/06/01/22:18]あゆさな|URL|編集
おはようございます。
予想でも触れますが、ショウナンは消すことに^^;
内枠を引いた時点で微妙と思い始めたところ、
オッズも人気になりすぎで、買いの材料がなくなった感じ。
ナカヤマナイトがいい感じに売れてないですよね!
一応、複穴扱いなんですが、印は回らないと思います。

あゆさなさんと◎と○は同じになると思うのですが、
最終的には妙味を追ってダークシャドウに◎。
どうやら、雨はあまり降らないようなので
速い時計での決着になりそうですね。
[2013/06/02/06:10]有馬 優一郎|URL|編集

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL|http://whiphand.blog137.fc2.com/tb.php/638-4db173b7

検索フォーム

プロフィール

有馬 優一郎

Author:有馬 優一郎
(2008年ダービーで3連単を的中し帯封をゲットしたときの写真)
競馬歴20云年。
2010年から全馬券成績を公開も、
2013年より「予想のみ」に変更。
下級条件のダート戦、ハンデ戦、
牝馬限定戦が得意かも。
逃げ馬、人気薄の内枠先行馬が好き。
穴党から「自在型」へ脚質転換中。

ブログランキングに参加しています。
お気に召したら、クリックお願いします!

 人気ブログランキングへ

「利腕」とは?

元英国人騎手、ディック・フランシスが著した競馬小説のタイトル。
原題は「Whip Hand」(鞭を持つ手)。

舞台は英国競馬界。落馬事故で片腕を失った元ジョッキー、シッド・ハレーは、大本命馬が次々と惨敗している厩舎から依頼を受けて、その謎を調査しはじめるのだが・・・
栄光と挫折、どん底から這い上がり、誇りを取り戻そうとする男の闘いが胸を熱くするハード・ボイルドの名作。
「自分が永遠に耐えられないこと・・・それは自己蔑視である」の一文は、ファンの間ではあまりに有名。

馬券自慢

・金蹄S 54万馬券
 ◎ハギノリベラ (12番人気)
 ★ストロングバサラ (1番人気)
 ○ゴールデンプライズ (11番人気)
 購入金額 4,600円
 3連単  546,620円
54万馬券

・2歳未勝利 17万馬券
 ◎トキノエクセレント (2番人気)
 ○ビッグギャンブラー (11番人気)
 △チェルビアット (5番人気)
 購入金額 3,000円
 3連単 172,220円
17万馬券

・富士S 170万馬券
 ▲ダノンヨーヨー (2番人気)
 ◎ライブコンサート (14番人気)
  ガルボ (13番人気)
 購入金額 10,300円
 3連単  1,718,840円
170万馬券

・京都金杯 19万馬券
 ◎ライブコンサート (5番人気)
 ▲スマートギア (1番人気)
 ×レインダンス (13番人気)
 購入金額 6,500円
 3連単  193,260円
19万馬券
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。